漢字の読み書きが苦手なお子さんへ―認知特性別漢字プリント、スマイル・プラネット

うちの子供は漢字が本当にニガテです。漢字ドリルの宿題は、億劫で億劫で、開いたまま一時間ぐらいぼーっとしていることはザラです。どうしたものかと色々探していたら、子供の認知特性に合わせた漢字プリントを提供してくださっている「スマイル・プラネット」というサイトを見つけました!! サイトの使い方などをレビューしてみました。

****************************

<スポンサーリンク>

読むのは大丈夫なのに書くのがニガテ??

我が家のまいんは、国語が大の苦手です。。
本を読むのも好きじゃない、漢字を覚えるのもキライで、作文もダメです。。
読書感想文は最悪の宿題で、
漢字混じりの本を読んで、文章を書くとなると、相当の覚悟が必要です。

その割に、学校のテストの読解問題は意外と成績が良くて、
ある程度短めの文章を読むのと、記号で答えるのは全然OKのようです。

「一体どういうことなんだろう?」
と不思議に思っていました。

私自身は小さい頃から極端な活字中毒だったので、
まいんの状況はなかなか理解できませんでした。

なので、最初は「努力が足りないから」、「本を読む量が少ないから」、
などと思っていました。

読み書きに部分的な苦手があるケースは結構多いらしい

ただ、色々調べるうちに、
「これは生まれつきのもので、何らかのサポートが必要なのかも知れない」
と思うようになりました。

発達関係が専門の方に伺ったところ、
まいんのように、
「知的には問題ないか平均以上なのだけど、『書く』ということが苦手なために、
学校に段々と馴染めなくなってしまうお子さんが非常に多い」
のだそうです。

大体小学校三年生くらいから、学校の学習で国語以外にも文章を書くことが必須の課題が増えてきて、
書くことに苦手意識を持つお子さんは色々な科目で困難を感じるようになってしまうようです。。

漢字が苦手な子供向けの漢字プリントがあった!!

そんなこんなで、色々調べているうちに、
スマイル・プラネット
というサイトを見つけました。

このサイトの「スマイル式プレ漢字プリント はじめに」

などによると、漢字が苦手、というお子さんの中には、
学習障害(LD)のお子さんもいらっしゃると思いますが、

それ以外にも、認知の特性の関係で、
視覚による記憶が得意な場合、
音声による記憶の方が得意な場合、
文字を形として認識しにくいなど発達の偏りがある場合や、
注意力が育っていない場合など、
いろいろな可能性が考えられるようです。

あまりに苦手が続いてしまうと、
「もうやっても無駄。。」
という「学習性無力感」に陥ってしまうこともあるそうです。

そうならないために、
ここでは、子どもの得意不得意に合わせて、
いくつかの種類の漢字練習プリントを選ぶことができます。

<スポンサーリンク>

スマイル式漢字プリントの使い方

まず、

「漢字が苦手な子どものためのプレ漢字プリント指導の手引き」

を読んでおくとわかりやすいと思います。

それから、

「読み書きスキル簡易アセスメント」
で、子どもの特性を見極めます。

子どもの学年に合わせた課題を出力して、
点数を、ページの下のほうにある得点欄に記入して、
「結果の確認」ボタンを押すと、
下に結果が表示されて、必要な支援が示されます。

次に、
「スマイル式プレ漢字プリント」
のページで、
先に示された必要な支援に合ったプリントを選んで、
プリントアウトして使います。

プリントをまとめてダウンロードすることも出来ました!!

小学校3年生までの漢字なら、
「プレ漢字プリント【標準版】」
で、3年分の漢字プリントをまとめてダウンロードすることもできます。

このプレ漢字プリント標準版は、ファイル名が学年と音読みになっています。

例:1年生で習う「大」という字のファイル名は、

1001_dai.pdf

となっていますので、使いたい文字のプリントを探す時は、
ダウンロードしたフォルダの中で、
必要な漢字の音をローマ字入力して検索すると良いと思います。

うちの子供には劇的に評判が良いです!! 大感謝!!!

このプリントは、うちのまいんには劇的に評判が良いです!!

今まで、学校の宿題の漢字ドリルは、億劫で億劫で、
1ページをダラダラと1時間くらいかけて書いていたのに、
このプリントをやってみたら、たったの5分でサラサラと書いて、
大喜びでニコニコしながら次々と3枚こなしていました!!

本人も、漢字が苦手なことを気にしていたようで、
「このプリントまたやってみる?」
と聞いたら、
「またやる~~!!」
と大喜びしていました。

親の私もとてもとても嬉しくなりました。
スマイル・プラネットさんに大感謝です!!

<2018年7月19日追記>

このお話にはハッピーな後日談があります。よかったらこちらの記事もぜひご覧ください。

◆国語の「教えない学習法」?! ある日急に、漢字を何でも読めるようになっていた話。。

<関連記事>
◆スマイル・プラネットの漢字プリントに絶大な効果!!  学校嫌いがだいぶ治りました!!

◆漢字ドリルが苦手な子が自分で考えた覚え方――5分で5個覚える方法!

◆子供がやる気になる!レゴで遊びながら勉強する家庭学習の方法(国語編)

◆読み書きの勉強を無理にでも教え込むべきか?やる気に任せるか?

◆ネットで利用可!日本のホームスクーリングに役立つ教材のリンク集

◆ホームスクーリングの勉強や学習、教材などはどうしたら良いの??

◆ホームスクーリングで自然・科学・社会などの体験学習をするには?

◆ホームスクールの時間割―生活リズムとやることリスト

◆算数・数学の学習に役立つリンクや参考書などをまとめてみました

◆理科が大好きになるおすすめの方法―外に出て見る・聴く・体験することの大切さ

◆ホームスクールの社会科―何はともあれ街歩き!

◆英語の勉強に役立つアプリやサイトを集めてみました

◆ホームスクールの体育―体を動かす機会をつくる