算数・数学の学習に役立つリンクや参考書などをまとめてみました

算数や数学の勉強に役立つネット上の情報や、我が家で使っているおすすめの参考書なども挙げてみました。算数・数学は、他の教科と比べて、無料の動画なども多いですし、参考書もたくさん出ていると思います。ぜひお気に入りを見つけてください。
*********************

<スポンサーリンク>

NHK for school

http://www.nhk.or.jp/school/program/

最近、まいんの算数はほとんど、NHK for schoolにおまかせ状態です。。

1回10分の番組ですが、面白くて楽しくて、
10分見終わると、概念的には理解できている状態になっています。

小学生用の算数番組は、おもに2つです。

◆さんすう犬ワン (小学校1、2、3年生用)
交番が舞台で、スギちゃんが出てきます。犬が毎回問題解決してくれます。

◆さんすう刑事ゼロ (小学校4、5、6年生用)
刑事ドラマ仕立てで毎回ハラハラします!

中学生用は、探してみたのですが見当たらず、

◆NHK高校講座 ベーシック数学 (中学生用?)

こちらが、中学校の範囲をカバーしているようです。
探偵事務所が舞台です。すごくよくわかる番組づくりで、
小学生でも算数好きな子なら大丈夫そうです。

ついでに、
◆NHK高校講座 数学I (高校生用)

ベーシックを卒業したらこちらへ。

やまぐち学習支援プログラム

https://shien.ysn21.jp/gakushi/

問題のプリントをダウンロードすることができます。
なにしろ、分量がちょっとなので、
さらっとおさらいするのにちょうど良いです。
上の動画を見て、時々問題を解くようにしています。

<スポンサーリンク>

学研 「おうちゼミ」シリーズ

このおうちゼミシリーズは、小学校の学年別になっていて、
4教科が日替わりで1ページずつ進んでいく形式になっています。

分量がとても少ないので、飽きっぽいまいんにはちょうど良いです。
さらっと終わらせて、次の学年に先取りで進んだりもできます。

それから、特筆すべきこと!!
スマホのアプリをダウンロードすると、
講義の動画が見られるんです!!

この動画が、一つ一つは短いですが、
すごくわかりやすく出来ています。
1年分の4教科の問題と講義動画で、3千円ちょっと、というのは、
なかなか凄いんじゃないでしょうか?!

くもん出版 「いっきに極める」シリーズ

このいっきに極めるシリーズでは、学年にとらわれず、
かけ算・割り算、図形、分数、など、
分野ごとのまとめ方になっていて、
小学校で習うことをいっきにまとめて進めることが出来ます。

問題のレベルは基礎的なものです。
私は、このシリーズでまとめて教えるほうが効率的に思えるので、
動画を使う前は、こちらのシリーズをよく使っていました。

カーンアカデミー日本語

https://ja.khanacademy.org/

日本語のカーン・アカデミーは今のところ算数・数学がメインのようです。
うちのまいんは、前は少しやっていましたが、
今はNHK for schoolと、ちょっとした練習問題、
という組み合わせで落ち着いてきたので、
最近はあまり見なくなっています。

英語版の方は、ログインすると
ホームスクーリングのカリキュラムとして使うことができ、
子供の進行状況もチェックできますし、
最初に使い方についてすごく丁寧なガイダンスがあるので、
「ホームスクール、何から始めたら良いのかわからない!」
と思っているときにはすごく安心感が持てると思います。
よそのご家庭の使い方なども紹介されています。

eboard いーぼーど

https://www.eboard.jp/list/

動画の授業形式はカーン・アカデミーと似ているように思います。
黒板に模した画面に先生の声と書き込みが加わっていく感じです。

小学生用は算数のみですが、
中学生用は数学、理科、社会、英語があります。
高校生用は2017年11月時点では数学Iのみです。

お買い物ごっこ

これは、、、ここで言う「リソース」、とは呼べないかも知れませんけど、、、
我が家では、小学校に入る前から、
お買い物ごっこがとにかく大好きだったので、
足し算、引き算、かけ算、割り算、といった四則演算は、
どれも、ほとんどお買い物ごっこで覚えました。

おもちゃのお金を使って、
1円玉がいっぱいたまったら10円に両替する、
100円を10円玉にくずす、
などしていると、自然と繰り上がり、繰り下がりの概念も身につきます。

下は「例えば」の問題です(ものすごいバリエーションが考えられます)。

足し算  「30円のガムと50円のチョコレートを買ったらいくらですか?」
引き算  「100円持って買い物に行って、38円のもやしを買ったらおつりはいくらですか?」
かけ算  「15円のあめ3個でいくらですか?」
割り算  「20個入りのおまんじゅうを6人に配りました。一人何個ですか?(余りがあったら教えてね)」

最近の我が家の例としては、
今学校で、3桁の足し算、引き算や、
筆算のかけ算を習っているところなので、

「1000円持ってお買い物に行って、198円の牛乳2本と、73円のアイス3本買ったら、おつりはいくらですか?」

みたいな問題を出して、
せっせと考えてもらっています。

こんな感じで、小学校の低学年でしたら、
ほぼお買い物ごっこだけで、
問題なく学校の算数に付いていくことが出来ると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする