感謝の心――子供のピンチが運んでくれた宝物

最近、雪崩のように考え方が変わっています。
どう変わったかというと、ありがたいな、と思うことがとても増えました。
「いらない経験は何もない。何もかも必要なことなんだ」
って、よく自己啓発本とかに書いてありますけど、読んでもなかなかそう思えなかったんですが、やっと思えるようになってきました。
こうやって、ここ3年の経験を、感謝の気持ちで振り返ることができるようになって、良かったです。
********************

最近大きく考え方が変わってきています

最近、雪崩のように考え方が変わっています。

どう変わったかというと、
ありがたいな、と思うことがとても増えました。

昔のことを思い返すと、
以前は、悲しい気持ちになることが多かったのですが、
今は、

「ずいぶん良いことがたくさんあったなぁ」

「あの頃は恵まれてたことに十分気がついてなかったし、感謝もしてなかったな。」

と思うことが多くなりました。。

随分お世話になったのに、もう会う機会もなくなってしまった方々もたくさんいらっしゃいますが、出来るならお礼を伝えたい、と思っています。

至らない自分が恥ずかしい、と思ったりもしますが、そういう経験も含めて今があるから、全部必要だったんだ、と思うことにします(^ ^;)

<スポンサーリンク>

どうして変わったのか?

どうして変わったのかというと、
一番大きかったのは、今まいんが通っているスクールの人たちに出会ったことだと思います。

掛け値なしに子供のことを考えて下さって、
いつも出来る範囲で最大限、良いことをしようとして下さっている、
というのが、見ていてすごく伝わるのです。

皆さんのそういうご様子を見ていたら、
今までの心の傷が洗われるような気持ちになりました。。

辛いことがあったように思っていたけど、
今は幸せ

今みたいな考え方が出来るようになって、
悩むことがカクンと減りました。
そりゃ、今だって悩み事が全然無いわけじゃもちろんないんですけど、
心に浮かんできた心配事を、
とりあえず一瞥して、
それから小舟にのせてそっと川に流す、
みたいなことが出来るようになってきた気がしています。

今の状態は、自分史上では一番楽で、
たぶん一番幸せなんだと思います。

今まで物質的、経済的、社会的立場の面などではもっと恵まれていた時期もありましたが、
今みたいに心穏やかに、
いろんなことに
「ありがたいなぁ」
と感謝しながら過ごしたことはなかったです。

結局、心の平安が幸せのほとんどを占めているんだろうなと思いました。

実はピンチが幸せを運んでくるんじゃないかと思う

振り返ってみると、
子供の不登校とか、
引っ越しとか、
不登校は私のせいだと随分怒られたこととか、
優しい人もたくさん居たけど厳しい人にもたくさん出会ったこととか、
世の中が理不尽に思えたこととか、
ほんとに色々ありましたけど、

一連の出来事はみんな必要なことで、それがあったから

心理的に私なりに成長できたし、

新しい素敵な出会いがあったし、

オルタナティブな新しい教育に目を向けるようになったし、

何より、良いことに目を向けて、楽しくありがたいなと思って過ごせるようになったし、

こうやって変わって来られたことがありがたいです。

「いらない経験は何もない。何もかも必要なことなんだ」

って、よく自己啓発本とかに書いてありますけど、
読んでもなかなかそう思えなかったんですが、
やっと思えるようになってきました。

こうやって、ここ3年の経験を、感謝の気持ちで振り返ることができるようになって、良かったです。
楽しことばっかりではなかったんですが、全てを含めて、良い経験をさせて頂いて、本当にありがとう、と思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする