不思議な話―未来からの手紙

この間とても不思議なことがありました。

疲れて元気が出なくて、下を向いて歩いていた

この間、落ち込んで、元気が出なくて、
下を向いて歩いていたんです。

場所は、娘のスクールの駐車場です。

車の横まで来たら、
足元に、白い紙が落ちていました。

拾ってみたら、すごくでっかいフォントで、

「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」

と書いてありました。

新約聖書の、マタイによる福音書の11章28節だそうです。
下に9月の日付も書いてありました。

私自身は無宗教なんですが、
娘のスクールはキリスト教ベースなので、
たぶんその関係で、プリントが飛んできて落ちてるんだろうと思いました。

それにしても、だいぶ疲れていたところで、
こんな風に、その日の気分にドンピシャな紙が落ちていて、
なんだかちょっとホッとしました。

次の日、何気にその話をしてみたら

次の日は、スクールでお母さんの勉強会がありました。
お話のついでに、
昨日こんな紙が落ちていたんですよ、
と話してみました。

子供たちが毎週聖書の一節を暗唱しているので、
予定表があるそうで、
先生が、

「マタイ11章28節はいつだったかな~、去年かな、一昨年かな?」

と、調べて下さいました。

そしたら、その予定は、
「今年の9月」
でした。

まだプリントされていないもので、
駐車場にヒラヒラと落ちてたりは絶対しないはずなのだそうです。

未来から手紙が来たのかな~?
不思議なことがあるんだな。
って思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする