不登校児のゲーム動画依存は取り上げて禁止すべき?自然に卒業する方法

不登校になると一日中ゲームや動画ばかりに夢中になってしまうことがあります。ゲーム三昧は目にも良くないし、制限した方が良いんじゃないか?と思ってしまいます。。でも、やめさせようとすると、いつも子どもと一悶着。。ゲームをしている時の子供の心境や、自分からやめて卒業していくタイミングなどについて、考えてみました。
*****************

<スポンサーリンク>

「ゲームをやめなさい!」というのに疲れてもう放置。。

我が家のまいんは、学校に全然行っていなかった頃、
一日の大半をスマホのゲームと、動画の視聴で過ごしていました。

もっと違うことしてもらえると良いんだけどなぁ、
本を読むとか、もっとアウトドアで過ごすとかしてくれたらなぁ、
とずっと思っていましたが、
結局私の言ったことなど聞いてもらえないままでした。

私は、
「ゲームは適度なところでやめなさい」
というのも段々と面倒になってしまい、
ほとんど放置状態になっていました。

しまいには、マインクラフトなどを、
たまに一緒にやるようになり、
まいんのすごい建築物を見て、
心底感心したりしていました。

やりたいだけゲームをして、いつの間にか卒業。

で、結局どうなったかというと、
一年くらいのゲーム集中期間を経て、
まいんは自分でゲームを卒業し、
最近はゲームはほとんどやらなくなりました。

動画はまだ見ていますが、
興味のある動画を見て、
工作などの情報を得たりして、
結構有効に活用しているようです。

最近はまっているのは、
スライム作り、スクイーズ作り、お菓子作りなど、
「作る系」のことと、
外で友達と遊ぶことです。

現状、ゲームをほとんどやらなくなったのを見ながら、
「結局、ゲームは、やりたいだけやると、いつか飽きて卒業する日が来るんだなぁ」
「親が言うより、自分で納得しないと、結局行動にはつながらないんだなぁ」

なんてことを、思ったりしています。

もし、やりたいだけやりつくしても、まだまだゲームが大好き!、
というお子さんがいらっしゃったら、
それはそれで、ゲーム制作者などの才能につながるかも知れません。

<スポンサーリンク>

ゲームは自分を守る防波堤。自信を回復するとゲームはしなくなる?!

あと、気がついたことは、
ゲームをやめた時期と、
自信を回復し始めた時期とが、重なっている
ことです。

どう関係しているのか、私にはまだ整理しきれていませんが、
まいんは、自信がなくて、外に出ていく勇気が持てない時、
とりあえずゲームをすることで気持ちを紛らわせていたのではないか、
と思ったりしています。

だとすると、その頃のまいんにとって、
ゲームは自分を守る防波堤のようなものだったのかも知れません。

それに、
「ゲームなんてしないでほしい!!」
と思われながらゲームをしていると、
どうしても後ろめたくて自信もなくなりがちですが、

「へぇ! そんなゲームあるんだ!!」
「へぇ! そんなに高いスコア取れたんだ!!」
なんて褒められながらゲームをしていたら、
だいぶ気分も違ってくるし、
場合によったら、ゲームをすることで、
どんどん自信を回復することも出来そうです。

ゲーム時間をコントロールしてもよし、しなくてもよし。

ゲームをやめさせるために、
チケット制を導入して、
たとえば、
「お手伝いをしたらゲーム1時間券を発行する」
「余ったらお金に換えられる」
などといった独自のルールを作って、
うまく行っていらっしゃる方もいるようですので、
放置するのではなく、
ゲーム時間のコントロールを上手く行うことも可能なようです。

お子さんの性格や、ご家庭の事情、その他の状況などによって、
色々変わってくるかと思います。

ただ、まいんのように、
自信を回復して、ゲームを卒業していく子供もいるのだな、
ということで、
今現在、ゲームで自分を守っているお子さんがいらっしゃったら、
しばらく暖かく見守ってあげるのも、
一つの方法かも知れない、
ということを、お伝えしたいなと思いました。